ローマ数字

ローマ数字の読み方を知った。

Ⅰ    1
Ⅴ    5
Ⅹ   10
Ⅼ   50
Ⅽ   100
Ⅾ   500
Ⅿ  1000

ⅠはⅤとⅩから引くことができる。
ⅩはⅬとⅭから引くことができる。
ⅭはⅮとⅯから引くことができる。

したがって、Ⅰ、Ⅹ、Ⅽ、Ⅿは10倍以下の数から引くことができる。
Ⅴ、Ⅼ、Ⅾは引けない。

Ⅰ、Ⅹ、Ⅽ、Ⅿは3つまでしか使わない。
Ⅴ、Ⅼ、Ⅾは1つしか使わない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック