速習 webpack 速習シリーズ

webpackの使い方がよく分かる!

フロントエンド開発で扱う多くのファイルを整理してまとめておくことのできるモジュールバンドラー、webpackの使い方を最短で学習できる本です。

JavaScriptファイルをモジュールとしてインポートして使う方法、cssファイル・フォントファイル・画像ファイルなどのバンドル、JSON・HTML・XML・CSV・TSVなどのデータファイルの読み込み、TypeScriptやSassのコンパイル、ESLint・ESLintとBabelとの連携、プラグインの活用など、webpackを使うのに必要な事柄が簡潔に解説されています。

サンプルコードが用意されているので、書式だけでなく、実際の書き方がよく分かります。サンプルコードは、Webサイトからダウンロードできるようになっています。

webpackを使いこなすのに必要な設定を、どのファイルにどのような書式で書いたら良いのか、設定を記述するときの注意点を含めて書かれており、設定ファイルのリファレンスとしても活用できる内容です。

webpackを使うと何が便利になるのか、色々な機能を説明に沿って試しながら、webpackを使い始めるのに必要な知識が身に付きます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック